サポート体制

他社にないサンワ金型の共創力

技術に裏付けされた、人間力で信頼にお応えします。

情報収集とフィードバック
サンワ金型が多くの部署と関わることで、部署間の連携をお手伝い致します。
製作予定の金型3Dモデルを用いて、設計・生産管理・保全などの部署様との会議を同時に行うことで、設計思想、スケジュール、案件ボリューム、メンテナンス性など各部署様に必要な情報をスムーズに共有展開することができます。
創造と改善
新しい取組みを提案致します。
設計した金型データを元に、金型データベースの構築し、ユーザー様の設備標準化をお手伝いします。また類似製品の製作効率アップに寄与する自動設計システムや新しい工法開発のお手伝いも致します。
QCD向上
技術の標準化や独自の型製作TPSなどにより、品質・納期・コストに貢献致します。
若手多能工による集中生産システムや独自の型製作TPSにより、短納期の金型・部品製作を実現致します。特に新製品や生産技術開発のお手伝いなどに効果を発揮致します。

設計から検査まで一貫生産をおこないます。

サンワ金型は設計から検査までのすべての工程をおこないます。
一貫生産で責任を持ってやり遂げる会社だからこそ、一部の工程をご依頼いただいた場合でも、すべての工程を見据えた提案が可能です。

開発のサポート

お客様からのニーズや問題点をお聞きし、コストダウンや品質向上のために金型の分野でお手伝いできる点をご提案させていただきます。
「コストダウンがしたい」という漠然としたもので構いませんので、まずはお話をお聞かせください。

設計(CAD・CAM)

お客様と打合せの内容を元に、金型設計者が、3D(3次元)CADにて金型設計をおこないます。
この設計が金型の良し悪しを決める、とても重要な工程です。
その後CAMを使用し加工用データの作成、各種工作機械への転送をおこないます。

加工

マシニングセンタ、ワイヤー放電加工機などを使用し、加工をおこないます。
加工設備はこちらでご確認ください。

組付

完成したパーツの組付作業をおこないます。
手作業がメインとなるため専門のスタッフがミスを起こさないよう慎重に作業をおこないます。

トライ

組付完了した金型を実際にプレスして、全ての型機能をチェックします。
特に成形性、製品精度の確認を重点的におこない、三次元非接触測定結果などを利用して、
精度熟成を短期間でおこないます。

検査

専門のスタッフが、製品の細部まで隈なく検査をおこないます。
全行程での検査を含め、製品の徹底した品質管理をしております。

試作品の提供

製品が完成し、品質検査・確認が終了した後に試作品を納品いたします。
ここまでの一貫した流れが、サンワ金型の金型設計の流れです。
もちろん、工程の一部分だけでもご依頼いただけます。

ページの先頭へ